澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる03 手の作成

   

石粉粘土での手の作成
お手本の教本だとエポキシパテを使用していました

100均のエポキシパテを使ったせいか、混ぜる分量が違ったのか
なんか柔らかいままです
なのでちょっと削って放置
いっこうに固くならないのでエポキシパテでの手の作成はやめました

DSC_0025

今度は石粉粘土で指を一本一本作って手のひらでまとめることに
指を細く作ってしまうとそれ以上の盛りが厳しい
あと曲げたくても曲げられないので修正ができない

造形のテクニックがないだけかもしれませんが
いかんせん小さくて細いので難しい!
ニューファンドの石粉粘土は乾燥後結構堅くなるのでそこからの削りが出来ると思ったんですけどね

と言うことで
手の大まかな塊をつくりそこから削ることにしました

figure104

こちらが両手をつけた素体
ここから腕にも盛って手を削るぞーおもったんですが
なんと腕と体の間が狭すぎる
盛れないし削れないし

figure105

と言うわけで
こんどは腕の分割です
肩から分割するために服装のベストを盛ってみた
そこを分割の境界線にします

フィギュア腕の分割

肩の分割は角プラ棒を使ってダボにしています
胴体側に穴を開けてプラ棒を突っ込み接着

腕側に大きめの穴を開けて石粉粘土を詰める
プラ棒側を押し付けてしばらく放置離してやる

こんなのでいいのかなと思いつつ一応できた

これでやっと手の製作に取り掛かれます
腕が付いた状態で手を削り始める
ホビーのこや回転歯のルーターを使って指の間を削る

指を折らないように
角を落として指を丸みをつける
神経を使う割には進まない

フィギュア手の作成

よしいい感じと思って撮影した画像を見てみると
ザツクリ感がハンパない

片方は親指とか付いてないけど一応完成とする
仕上げとか足りないパーツは徐々にやっていこうと思う
次をすすめる事にしました

 - 澤村・スペンサー・英梨々フィギュア , , , ,