「 自作フィギュア 」 一覧

緋山千夏のフィギュアを作ってみる03

緋山千夏のフィギュアを作ってみる03 素体その2

フィギュアの素体作成。骨組みから肉付け。筋肉を意識して粘土を貼り付けしていく。ネットで骨格筋肉図を検索して参考に粘土をもっていく。大きな筋肉の付きかたはわかっても、細かいところが良くわからない…そこは適当になってしまう。そのうちわかるようになるといいな。

緋山千夏フィギュアの素体その1

緋山千夏のフィギュアを作ってみる02 素体その1

粘土を盛って素体を作成していきます。元絵のポーズを再現してみるもなんか違う…一度持った石粉粘土を削る。ウエスト部だけ削って
あとはぐにゃりと曲げる。ここでソフトプラ棒が活躍している!気を取り直してもう一度ポーズをとってみる。それっぽくなってきた~!

ボールルームへようこそ 緋山千夏

緋山千夏のフィギュアを作ってみる01 元絵と骨組み

今回は【ボールルームへようこそ】の緋山千夏のフィギュアを作ります。ダンスに掛ける青春、情熱とその熱量がハンパないアニメ!作者の独特な画風もマッチして鮮烈に印象に残っています。美しいポーズです。スローアウェイ・オーバースウェイのピクチャーポーズ!しかし実際のバランスも筋力も必要な厳しいポーズかも^^;

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる23 完成

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる…ついに完成です!かなりの月日を要しました!年月かもしれません。なんと2017年8月27日からスタートしてます。一年間費やしています!なんとか完成にこぎ着けて嬉しいです。色々と思うところ、反省点、願望などありますが、先ずは澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを見ていきます。

スカート塗装

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる20 塗装その4 スカート

今回はスカートの塗装です。今回も筆塗りです。セーラーカラーとほぼ同じ時期に塗装しているわけなんですけどね^^;凄いムラです!ヤバいなと思いつつ何回も塗装を重ねていきます。もちろん筆塗りで!なんか色は濃くなったけどムラはなくなりませんね^^;塗装前にマスキングテープでスカートのラインを作ります。

セーラーカラー

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる19 塗装その3 セーラーカラー

セーラーカラーをまずホワイトで塗装です。セーラーカラーの端から距離を均一にとる。ラインの幅も均一にとる。全てのバランスを目分量で行っています。石粉粘土で手で作っている服なので曲線と凹凸があります。マスキングテープが直線といえども貼り付けは苦戦します。

ツインテール

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる17 ツインテール作り直し

ツインテールの修正です。前回のツインテールをそのまま使ったのでは、長さや流れ方が合わない気がしたんです。もっさりしている?!きっと自分でも気に入らなかったんだと思います。今回挑戦する作成方法は芯を用います。教本やネットでみるお手本のメジャーな手法です。特別なやり方ではないのですが初めての挑戦です。ツインテールの自分の作り方をまとめてみました。今回は針金を芯に使いました。

頭部修正

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる15 頭部修正

どうしても、どうしても頭と身体のバランスに違和感を感じます。今に始まった事ではないのですが。フィギュアを作り始めた最初からそう思っていました。今までまともにコレでいいかもというフィギュア作れたことがない!今回は重い腰を上げて頭部の作り直しです。作り始めて思った事!同じ頭部が作れない!同じ顔が作れない!技術も経験もないので仕方がない。これから同じものをつくれるようになればいい。ということで作った頭部がこちら。

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる14 塗装編その1

今回はエアブラシを使いました。初めてのエアブラシです。エアブラシを初めて使った感想はすごく綺麗に色が塗れると言うことです。これは本当に凄いことなんです。なぜなら初心者がこんなにも綺麗に彩色出来るなんて。当然初心者レベルでの話なんですけどもね。エアブラシが凄いので感動をあらわにしてみました。さて、実際のエアブラシの塗装の仕方、仕上がりを見てみていきます。教本のお世話になっています。

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる13 マスキングテープ

澤村・スペンサー・英梨々のフィギュアを作ってみる13 塗装前準備

今回は塗装前の準備です。仮組して、マスキングです。ここまで来るといよいよ完成に近づいていると感じます。出来はさておきですが^^;早く先に進めたかったのでワクワクどきどきです。表面にサーフェイサーをふいてからの仮組です。そこそこいい感じに見えます。