最終段階美少女フィギュアの塗装と完成

   

さて今回はサーフェイサーを塗った後のカラー塗装です

ただ今思えば、複製しないということであればサーフェイサーを塗る必要がなかったように思えます
石粉粘土を磨いてそのまま直に筆塗りでもよいのではと思いました

美少女フィギュアの塗装

しかもサーフフェイサーを吹いた後の色の乗りが悪い
悪いというか何回も塗らないと色がのらない(当然かもしれませんが
特に色の薄い肌色はグレーのサーフェイサーの上だと何回も塗らないとダメなんだーと痛感

いっそ白いサーフェイサーを買って塗ればよかったと後悔しました

やってみないとわからないことが多くありますね
失敗は勉強になります

解らなくてもやみくもに作っていくの最初のうちはありですね
次に繋がるアイデアの元になります

美少女フィギュアの塗装

一回目の塗りでは色が薄いですね
実際は、2回3回と塗るわけです
しかも筆ムラもでるのでそれが気にならなくなるまで塗り重ねます
間近で見てムラが気にならなくなるまで塗ります

始めての筆塗り、いや初めての塗装
筆塗りで挑戦
まあ何とか出来る感じかな
小さな子供もいる部屋の中では、シンナー系のラッカー系の塗料を使うことすら神経を使います

美少女フィギュアの塗装

んで できた美少女フィギュアがこちら
塗り重ねた分色に深みは出ます
スカートの青色のムラなど気になりますね
黒タイツの黒は最初からくろいのですが
こちも何回か試行錯誤
両脚で塗料が違います
向かって右が水性ホビーからブラックとツヤ消し
向かって左がアクリルガッシュのブラックとツヤ消し
靴はエナメルです

最終的に艶消しでないクリアだと両脚、靴ともテカテカつやっていて、色目の違いもあまりわかりません

水性ホビーやら油性やらつや消し半つやけしなどなどそれだけでもかなりの違いがでてきますね
初心者ながら奥が深い塗装に身震いしますね

あと顔、頭部のバランスについては今回は言及しません
かなりおかしなバランスになっています
目もやばい事に…

今回は美少女フィギュア完成!という事で次回作に注力します。

 
うん次はガンバろ!

 - フィギュア製作日記 , ,