「 緋山千夏フィギュア 」 一覧

美少女フィギュアと粘着タック

緋山千夏のフィギュアを作ってみる38 粘着タックでマスキング

粘着タックを使用してマスキングしてみました。細かいところをバーできる粘着タック良い感じがします。ケースバイケースで使える感じ。

緋山千夏のフィギュアを作ってみる36 塗装 シースルー生地部分

緋山千夏のフィギュアを作ってみる37 塗装 シースルー生地部分

ドレスのシースルーの生地部分を塗装します。ストッキングのような生地かもしくは実際タイツのような厚手の生地かもしれません。肌が透けているとして、肌色がメインになりタイツのような、もしくはストッキングのような生地の表現を出来ればと考えています。

緋山千夏のフィギュアを作ってみる36 塗装 肌色

緋山千夏のフィギュアを作ってみる36 塗装 肌色

今回から塗装にはいります。一番色の淡い肌色から塗装します。肌以外の部分はマスキングテープでマスキングします。初心に戻って最初から試行錯誤!肌色部分をすべて塗りました。やっぱり肌色が暗いので、 キャラクターフレッシュ1 にフレッシュ2を少し混ぜて赤みを入れました。

緋山千夏フィギュア 下塗り塗装

緋山千夏のフィギュアを作ってみる35 素体下塗り

塗装の前準備段階として、サーフェイサーで下塗りします。素体完成時にグレーのサーフェーサー500で下塗りは終わっているのですが。そこにプラス、肌色を塗る予定の場所に白色のサーフェイサー1000を上塗りします。白色の下塗りは肌をきれいに見せるため、透明感アップのためにします。

緋山千夏フィギュア 素体完成

緋山千夏のフィギュアを作ってみる34 素体完成

素体の完成です。仮組してみました。相方は針金で作ったのですがこれ以上の進化手直しはありません。自分としては中々の完成度です。良くここまできたなと。満足した訳ではありませんが良くできた!いや長かった。素体作成時の注意点として。時間が掛かり過ぎたということ。流れるような躍動感はでていると思います。

緋山千夏フィギュア アームカーバーひらひら

緋山千夏のフィギュアを作ってみる33 アームカバー

アームカバーのひらひら作成。石粉粘土を細長く板状にする。先端を細くする。風になびくようにねじる。固まった後は布の端を削って綺麗にする。棒やすりや紙やすりスポンジやすりで表面をきれいにする。

緋山千夏フィギュアの仮組

緋山千夏のフィギュアを作ってみる32 仮組その2

腕の修正は見た目うまくいったようです。よしとしましょう。では!前回の仮組と比べてみます!左の画像が修正前、右の画像が修正後、左腕の肘から先が下にさがっています。思惑通りに修正ができました。

千夏フィギュアの腕修正

緋山千夏のフィギュアを作ってみる31 腕の修正

まずは腕の切断からです。はじめにアートナイフで切り込みを入れていきました。ホビーのこぎりにチェンジして切断開始です。割と時間が掛かりましたが切断完了です。粉粘土を入れてくっつけますあとはやすり掛けと盛りの繰り返し。サーフェイサーを吹く付けておしましです。

緋山千夏フィギュアの仮組立て

緋山千夏のフィギュアを作ってみる30 仮組で立たせてみる

素体の完成に近づいたので仮組で立たせてみることにした。ということで早速やってみる。仮組って楽しいのです。完成に近づいているな~って感じで。しかーし、残念ながら重大な欠陥を発見することもあるのです。

緋山千夏のフィギュア ネックレス作成

緋山千夏のフィギュアを作ってみる29 ネックレス

今回は美少女フィギュアのネックレスの作成です。緋山千夏のダンス衣装としてはドレスの首元とネックレスがつながっている。作り方としては最初から首に作っていく方法もあります。ちょうどそネックレスで頭部身体部分を分割して作業をやりやすくすることが出来るから。その分割ラインがネックレスの造形と相まって目立たなく自然な感じに出来るからです!今回は分割を考えていなかったのでネックレスは後付けです!