緋山千夏のフィギュアを作ってみる09 腕の長さ修正 

   

前回は胸の表面処理でした。

今回は気になってた左腕の長さを修正します。

長い腕を削って短くします。

肘から先を一度切断して、短く削ります。

そのあとまた付け直して腕の長さをみます。

現在の状態。

切断して短くしました。

腕パーツの接着

切断部の間に石粉粘土を入れます。腕パーツの接着をします。

白熱球による乾燥

白熱灯を使いその熱で乾燥。

腕パーツ接着後

腕パーツの接着後に形を整えます。粘土を盛って削ってを繰り返します。

画像だとあまり変わった気がしませんね!実際フィギュアを見ていると良くなった気がするんです。

修正前後の画像比較

修正前後の画像を比較します。

デジカメの撮影する角度とか位置で大分見た目が変わってしまいますね。

短くはなったのですが、画像比較の恩恵がありませんね。

しっかりとした位置取りが必要と思いました。

腕パーツの修正。長い腕を短くする。

今回は肘部分で切断、それから両パーツを切断面から両方とも短くしています。

その後、あいだに柔らかめの石粉粘土を入れてグニグニつけます。

柔らかい石粉粘土だとパーツの重みで位置がずれてきてしまいます。

なので白熱灯の熱で粘土の硬化を促進してあげます。

いい感じに固まったら、形を良くしてあげます。

一通り納得いったので、今回はここで修正終了。

細かいところは、また後で少しづつ仕上げていきます。

次回はいよいよ、服装に手を付けていく予定です。

 - 緋山千夏フィギュア , , ,