緋山千夏のフィギュアを作ってみる38 粘着タックでマスキング

      2021/05/02

今回はドレスの薔薇装飾の塗装になります。

まず最初にマスキングです!塗装とマスキングは切っても切り離せないですね。正直面倒に感じます。

最後の仕上がりに直結するので手を抜くところではない。ですが曲面や凹凸をカバーするマスキングはマスキングテープで貼るのも難しい。

他のサイトでフィギュア作成に使われていたので参考にしました。
ということで、今回この粘着タックなるものを使いました。
本来の使い方はメモを貼り付けたり小物を固定するソフト粘着剤です。
使用した感じは「 練り消し」のような感じ。弾力があり少し伸びるし、変形もする。
ダイソーで購入。

粘着タック

この粘着タックをドレスの薔薇装飾に沿わせて貼っていきます。
柔らかくある程度伸びるし貼りやすいです。

ただ粘着物なので貼って剥がすときに、塗装もはがれる危険性があります。そこは自己責任になります。

粘着タックを貼った画像。
それ自体服としても通用しそう!サイバー的なボディースーツとして。

後は他の部分をマスキングとラップで保護しました。

グルグルに保護してこんな感じ。

この後と塗装に移ります。

今回使った道具

長光 Bostik 粘着ラバー ブル・タック 45g

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.35 マスキングテープ 18mm (詰替え) 87035

塗装の道具類については
フィギュアの塗装道具 へ。

道具は別ページに一覧として載せています。
フィギュア作る時に使う道具

 - 緋山千夏フィギュア , ,