緋山千夏のフィギュアを作ってみる33 アームカバー

   

アームカバーのひらひら作成。

石粉粘土を細長く板状にする。

先端を細くする。

風になびくようにねじる。

固まった後は布の端を削って綺麗にする。

棒やすりや紙やすりスポンジやすりで表面をきれいにする。

塗装をするためにピンチで挟んでサーフェイサーを吹きかける。

アームカバーのひらひら完成です。

あとは腕に着けるだけです。仮にどんな感じになるか仮止めです。

アームカバーのひらひらの完成、つけるとこんな感じになります。

実際は塗装後に接着する予定です。

緋山千夏フィギュア アームカーバーひらひら

反省点は、ひらひらの流れ方を考えてなかった点。ダンスの動きと連動して大きな円を描いているはず。正面から見た流れ方しか見ていなかった。ひらひらとしつつ大きな円を描くイメージが正解かもしれなかった。

これで最後のアクセサリーの完成です。

素体の完成です。

この後からは塗装に入ります。


スポンジやすりが曲面に使いやすい。

3M サンディングスポンジ5枚セット

棒やすり

タミヤ クラフトツールシリーズ No.104 ベーシックヤスリセット (細目 ダブルカット) 74104

鉄でできているのでかなり削れます
しかし目がつまりやすいのでマメに掃除が必要です

こちらはグレーカラーのサーフェイサー 傷や凹凸が見つけやすい。
GSIクレオス Mr.サーフェイサー 500 スプレー 100ml ホビー用仕上材 B506

今回使った道具は別ページに一覧として載せています。
フィギュア作る時に使う道具

 - 緋山千夏フィギュア ,