緋山千夏のフィギュアを作ってみる31 腕の修正

   

さて前回は仮組でフィギュアを立たせてみて、腕の位置が変と感じました。なので腕の修正です。

まずは腕の切断からです。

はじめにアートナイフで切り込みを入れていきました。そのままいけるか?!と思ったのですが、変に想像とは違う方向にヒビが入っても嫌なので無理はしない。ホビーのこぎりにチェンジして切断開始です。割と時間が掛かりましたが切断完了です。

ほぼ想像通り切断出来ました。

次は切断面に接着用に石粉粘土を入れてくっつけます。水分を多めにべとべとする感じです。そして一度やすりかけです。凹みが見られるのでもう一度石粉粘土を盛ります。

切断するのはやはり躊躇しますね。勇気がいります。

盛って削るの繰り返し。サーフェイサー500で隠蔽力の力に頼る。

一連の動作も慣れてきました。

おっかなびっくり切断していた頃に比べるとそれなりに早く切断できるようになっています。

盛って削るの繰り返しも段々とこつが掴めてきた感じがします。

色々と至らない点があるやも知れませんが一応修正完了です。

今回使った道具

切ったり削ったり基本の道具 アートナイフ

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

狭いところフィギュアの切断に強い味方ホビーのこ


オルファ(OLFA) ホビーのこ 167B 細刃セット

スポンジやすりが曲面に使いやすい。

3M サンディングスポンジ5枚セット

今回使った道具は別ページに一覧として載せています。
フィギュア作る時に使う道具

 - 緋山千夏フィギュア ,